« お皿と鉢 | トップページ | 備前焼で日本酒を »

2012年12月20日 (木)

「食卓の備前焼」の花器は。

Dsc_2362

「食卓の備前焼」こと、私の創る花器は小さいです。

大きなものを創る力量がない、というのが本当のところかもしれませんが、小さくて、部屋に気軽に置けて、花も少なくていい・・・っていうのが、気持ちにぴったりくるので。

だから、この手付きの花器はミニ花器とは言いません。もっともっと小さな、ワンコイン花器よく創りますからね。

写真の手付き花器は、全体に釉薬がかかったように、灰がとんで溶けて胡麻に覆われています。私の小さな窯では、稀少です。

Dsc_2365

まん丸ではなく、なにげにゆがんでいます。

手びねりの花器。私の握り拳より二回りくらいおおきな、口の小さな愛らしい花器。

窯の詰め方で出来た、緋色と緋襷と抜けの感じがおもしろいでしょ。

Dsc_2367

今日は午前中から、女子2人、男子一人途中まで、お正月にある同窓会の記念品やビンゴゲームの景品の準備をしに、工房に来てくれた。

この箱に入っているのは、「KANREKI-CUP」小学校名まで書いた特注品です。

ゲームの景品も何やかや、備前焼を入れて、おまけにビーズアクセサリーを創っている埼玉は川越の女子が送ってくれた、さまざまなアクセやストラップもかわいくラッピングして、準備・OKnote

さてさて、私は次の作品展や、NET-SHOP更新に向けて、制作を始めなければ・・・・・と思えば、早、年の瀬。

何かと、雑用を母からおおせつかわれそうでして・・・down

|

« お皿と鉢 | トップページ | 備前焼で日本酒を »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« お皿と鉢 | トップページ | 備前焼で日本酒を »