« 片口を引く | トップページ | 備前焼・作家・窯元名鑑 »

2012年7月29日 (日)

備前焼の里

Dsc_1816 午後備前焼の里、伊部へ行ってきました。私の工房から20分くらい。

9月の終わり頃「一門展」をするので、昔お世話になった「宝山窯」へちょっとだけ。

「宝山窯」は伊部駅を降りて国道をわたり、旧道の備前焼通りに突き当たったら、ちょいと左を向くとあります。明るい店内です。備前焼窯元六姓の流れをくむ、伝統のある窯元です。

師匠の森泰司さんと息子さんの森君は作家です。

どこかの窯の煙突の根っこ。現在使われているのかどうかは、知りません。

Dsc_1813

駅を渡っていちばん近いお店。なんじゃ~この置き方は・・・

Dsc_1814

これは・・・いいんでしょうか。それとも盗撮?!

うん、多分いいと思う。

もっと近づいて、私のお気に入りの作家の作品でも・・・とも思ったけど、この炎天下、観光客らしき人は皆無。面倒なので、止めましたsun

|

« 片口を引く | トップページ | 備前焼・作家・窯元名鑑 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 片口を引く | トップページ | 備前焼・作家・窯元名鑑 »