« 倉敷観光 | トップページ | ハートヲツクル »

2011年10月30日 (日)

『岡山から被災地へ手仕事を届ける会』

Dsc_0069 いきなりですが・・・・・・・

岡山県内の手仕事の作品を、直接作者の手によって東北へお届けする』のが趣旨の会が、発足しています。

備前焼作家の渡邊琢磨さんも活動しています。渡邊さんを通じてお知らせもあったこともあり、私の作品も仮設住宅にいらっしゃる方たちに、よろこんで使っていただけて、ちょっとでもこころが、ほっこり和んでくれたら・・・と思い、参加させていただきました。

カフェ ド グラス」という以前から気になっていた、ギャラリーカフェに届けに行ってきました。

Dsc_0068

今ギャラリーでは「オキナリサイクルガラス展」、開催中でした。しばし透明感のある、影までも美しい作品群に見入ってしまいました。備前とは、対極にありそうですが、実はけっこう食卓での相性はいいのです。

ガラスを見ると、つい欲しくなるのですがぐっとがまんsweat02自分ちの食器棚を思い浮かべて。。。。。

|

« 倉敷観光 | トップページ | ハートヲツクル »

コメント

こんにちは♪

素敵な会ですね♪
手作りの作品は人の心をあたたかくさせてくれるから、
きっと被災者の方々もほっこりあたたかい気持ちで
あたたかい食卓を囲めるでしょうね♪

投稿: takaco | 2011年10月31日 (月) 17時31分

takacoさん>こんばんは^^
そうですね、すでに1度直接持って行ったそうですよ。
そうしたら、すごくよろこばれて、いろんな被災地からも来てほしいと、依頼があるそうです。
継続的に息の長い活動にするそうです。
役所ではできないけど、ものづくりをしてる人だからできること、いいですよね~きっと。

投稿: ふー | 2011年10月31日 (月) 20時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 倉敷観光 | トップページ | ハートヲツクル »