« 森宝山窯一門展 | トップページ | 「一門展」作品紹介、今日も。 »

2009年11月17日 (火)

宝山窯一門展、雨の初日

Img_2125 始まりました、「宝山窯一門展」。冷たい雨の一日でした。

山陽新聞社の新しいビルの中のギャラリー・・・背筋が伸びますcoldsweats01いつもジーパンなのに・・・スカートなんぞ着ていきましたsweat02だってね、ジーンズ以外のパンツが中年太りで軒並み入らないんだもんhappy02

Img_2128 チャリティー展だけど、かなりハイレベルで(私以外?)いい感じの、作品展だと思います。

まげやさんこと、竹﨑洋子さんは都会のできるおんなに変身していて、超かっこいいsign01名刺の出し方がサマになっていたよ。

Img_2116 森泰司先生の長男、森敏彰君の作品から。

おもしろすぎるhappy01

Img_2118 若い感性が楽しい備前を創らせるのか、代々受け継いだ血upなのか、本人の努力なのか・・・どの作品もひとひねりあって、おもしろいのです。

Img_2093 これも若い森本直之君の作品の中から・・・さらに一部をアップで。

小鳥の細工が細密であまりに可愛いので。でも、制作にはかなりの苦労もあった様子。

Img_2090 これも森本君の作品。香炉です。

この細かさ、備前の荒々しいイメージはなく、繊細そのもの。

Img_2123 坪井健さんのオブジェの一部を。

彼も若い・・・ほとんどの人が私より若いんだもんannoy

彼は美咲町大塀和西の棚田で有名な山奥で、釉薬の焼き物を創る。棚田をモチーフにしたオブジェもワォ!だけど、日常の器も素敵。

Img_2120 これは私の。県展入選作。

自分のは、はずかしいcoldsweats01

明日も当番。お客さん、多いかなあ・・・・・・

|

« 森宝山窯一門展 | トップページ | 「一門展」作品紹介、今日も。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 森宝山窯一門展 | トップページ | 「一門展」作品紹介、今日も。 »