« 葡萄の気持ち | トップページ | 蕎麦を食べに・・・ »

2009年9月23日 (水)

「海辺のカフカ」を読み始める

Img_1659 村上春樹のまだ読んでいなかった上下刊の「海辺のカフカ」を手に入れたので読み始めました。

15歳の主人公が夜行バスで四国高松に行って、うどんをおかわりして食べるところがあるのですが、だいぶ前の「辺境・近境」に「讃岐・超ディープうどん紀行」というのが入っていて、、、、、村上春樹は讃岐うどんにいたく感激していて、、、私もいきなりうどんが食べたくなった。。。という話。今日の夕方、西の空。

Img_1612 これからの写真は今日のものではないので、あしからず。

倉敷・中央画廊で27日まで開催中の「女流shine展」

これは、山村富貴子さんの掛け花。

金属的なものを感じさせるような備前。

シャープな線が魅力でもあります。

Img_1625 画廊の中から外の通りを。

向こう側は大原美術館の裏の塀です。

ちなみに、写真に写っている大壺は十ん万で売れて、送られていきました。

Img_1644 倉敷アイビースクエアの入り口。

今、アイビーが名前どおりに美しくおおっている。

ホテルもあるし、いろいろな施設があるようです。

|

« 葡萄の気持ち | トップページ | 蕎麦を食べに・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 葡萄の気持ち | トップページ | 蕎麦を食べに・・・ »