« 究極の飯茶碗 | トップページ | 同窓会1泊旅行 »

2009年9月 4日 (金)

癒しの片口

Img_1539 昨日に引き続き大袈裟なタイトルですが。

小さな薪窯を得てから、炎の走った緋色と、割り木の灰が飛んで溶けた胡麻。これら窯の中で自然に生まれた、変化のことを思いめぐらし・・・・・癒される。

べつに、観賞用ではなく、実用の器なんですけどね。

Img_1537 実家のある瀬戸内市、この辺りでは、稲の穂が出始めて、、花?も咲いているようです。

美味しいお米、沢山の収穫・・・になりますよう!

|

« 究極の飯茶碗 | トップページ | 同窓会1泊旅行 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 究極の飯茶碗 | トップページ | 同窓会1泊旅行 »