« 大鉢に山盛りのサラダ | トップページ | 13㎏の粘土と格闘 »

2009年5月 3日 (日)

ぶらじる備前

Luminaria2000_h13cmjpgs

備前で出会った二人が、今、日系ブラジル人の彼女の故郷で、それまで、培った技術やセンスや空気・・・を持って、ブラジルの地で焼き物と奮闘しています。

数年前、まだわりと近所にいたころ、彼女(エミリア)の作品のセンスに憧れ、焼成法を教えてもらったり、ひそかに、デザインをパクったり・・・していた私です。

P1070805jpgs   現在は釉薬物が中心のようですが、焼き締めも始めたそうです。

  専用の窯も制作中、、とか。  ボトルとぐい呑み。これで、どんな  お酒を飲むんでしょうか・・・それが、気になりますcoldsweats01

ブラジル米のヒダスキは、うんと濃い赤になるそうです。意外ですね。

 粘土探しから、窯作りから・・・そして販売、、、大変なことは山積みだと思うけど、家族三人ブラジルにすっかりなじんで、楽しそうに過ごしていてハッピーheart02

  

   

P1060135jpgs コーヒーサーバーとカップ。エミリアは釉薬の知識も豊富。

普段使いの器から、アートな作品まで、手がける。

彼らのホームページ「アトリエKO]、まだ未完成で進化中ですが、のぞいてみてね。ポルトガル語は分からないけど、作品がいっぱい出てきますよ~

 

|

« 大鉢に山盛りのサラダ | トップページ | 13㎏の粘土と格闘 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 大鉢に山盛りのサラダ | トップページ | 13㎏の粘土と格闘 »