« 落柿窯の窯詰め | トップページ | 秋の日はつるべ落とし »

2008年11月10日 (月)

初心

うす陽はさしていたものの晩秋の肌寒さを感じる一日だった。
Image1s

黒井山グリーンパークで画家、清水やそしさんが個展を開いている。今日が最終日なので、午後いそいで駆けつけたが、ご本人はいらっしゃらなかった。

以前私が一角で作品展をしていたとき、ご一緒させてもらった。油絵、水彩、書画、などいろんなタッチの作風と、お話するとなぜか心洗われるような魅力を持っている方だ。

Img_9145 手桶風の花器。初心を思い出して、引っぱり出してきて撮影。備前焼を本格的に初めて習った「備前陶芸センター」の時の作品。

私はロクロが超下手だったので、多分、筒は誰かに引いてもらって、後を作ったような気がする。登り窯特有の窯変が出て、綺麗に焼けている。

今その「備前陶芸センター」が岡山県の財政難のため、存亡の危機にある。大変。

|

« 落柿窯の窯詰め | トップページ | 秋の日はつるべ落とし »

コメント

この手桶 いいですね!

投稿: どさんこ備前 | 2008年11月12日 (水) 08時26分

どさんこ備前さん>ありがとう!登り窯のなせる技です。
 この形は私らしくないですねcoldsweats01
 備前さん、すてきな焼けのビアマグ出てますね!!

投稿: ふー | 2008年11月12日 (水) 19時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 落柿窯の窯詰め | トップページ | 秋の日はつるべ落とし »