« ぐい呑み(短編小説) | トップページ | ゲンキガナイ »

2007年7月15日 (日)

台風一過

Img_6459 台風が去っていった日の夕暮れの空です。

空気が澄みわたっている・・・・・

けれど、なんだか妖しげ

この台風は7月だというのに、各地に被害をもたらしてしまった。

|

« ぐい呑み(短編小説) | トップページ | ゲンキガナイ »

コメント

第2章「続・ぐい呑み」
 男は、作った肴を手早くテーブルに並べ、まずビアグラスを空けた。それから、備前のぐい呑みに冷酒を注いだ。表面が揺れていた。呑むうちに、酔いがしみるように広がっていった。それとともに、心に温めてきた一つの想い、「備前に行きたい」という気持ちがだんだん膨らんでいくことが分かった。その想いは、止めることができないものだった。
 翌朝、男は、小さな旅行カバン一つを持って、新幹線の駅に立っていた。大粒の雨がホームに吹き込んでいた。

投稿: eizan23 | 2007年7月16日 (月) 07時15分

eizan23さん> 立ち直り、早いですね~
巨大な備前長方皿がのしかかってくるんじゃなかったの
展開を思いついたのねー
ゆっくり、無理せず書いてくださいね~
楽しみに読ませてもらいまーす。

投稿: ふー | 2007年7月16日 (月) 21時36分

しかし、この空の写真は 我ながらきれいだなー
夕日のところの雲が金色に輝いてら

投稿: ふー | 2007年7月16日 (月) 21時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ぐい呑み(短編小説) | トップページ | ゲンキガナイ »