« 窯焚きと熱中症 | トップページ | 汗だく窯出し »

2007年7月25日 (水)

梅雨明け3日目

Img_6522 今、遠くで雷がなっている。梅雨明けしてから、ホントにピカッと晴れて暑い・・・こんな日が続くと思うと、もっともっと暑くなるぞ、、と思うとぞ~~っとする。

今日は アクアビクスの後、友人と作陶展を見に行った。

天野智也さん、私もお手伝いに行ったN師匠に長い間師事し、現在は赤磐市に窖窯(あながま)を自作で築いて がんばっている若い作家です。栞を見て計算したら、30代後半だったな。

Img_6525 備前焼といえども、会場はシンプルでオシャレな空間

窓辺に徳利と 様々な、備前とは思えないような感じのも・・・ぐい呑みが、並んでいて

Img_6527 こんな、超でかい叩き皿とかも、、、あって

このギャラリー(ガレリアプント)でお茶もできます。

Img_6530 いわくありげな、こんな花も生けてあって・・・(??)

Img_6541 なんだか、カリッと美味しそうに焼けた ポットや急須たち。。。使い勝手もよさそう

おっ!雷が近づいてきたぞーー

|

« 窯焚きと熱中症 | トップページ | 汗だく窯出し »

コメント

男は門を出ると、しばらくの間、街中をゆっくりと散策して、駅に戻った。再び電車に乗って、小さな駅に降りた。駅前からバスに乗って向かったのは海の町だ。観光案内で見た海の姿が、少年時代にすごした町の海と似ている。一度、行ってみたいと思っていた。それに「牛」と「窓」という不思議な字の組み合わせが、心にひっかかって離れなかった。バスを降りて、男は高台に登っていった。広がった海に、雲を焦がした夕陽がきれいだった。男も夕陽に染まっていた。やがて、高台を下りて、港に向かった男は、一軒の居酒屋を見つけた。暖簾に「伊都島」と書かれてあった。

投稿: eizan23 | 2007年7月27日 (金) 07時10分

……(続く)。忘れてた!

投稿: eizan23 | 2007年7月27日 (金) 07時14分

eizan23さん◎▽□ ふむふむ・・・
なかなか良い感じ~

投稿: ふー | 2007年7月27日 (金) 20時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 窯焚きと熱中症 | トップページ | 汗だく窯出し »