« 歳を重ねるということ | トップページ | 「床の間の備前焼」 »

2007年4月 2日 (月)

黄砂に吹かれて

今日は 偏西風?にのってくる黄砂が多かったようです。春霞か?っと思ったけど、どうも様子が違う。 帰りに光ってまぶしい夕日も 今日は黄砂の影響で 白かった。 あの黄砂の成分は何だ?細かい砂というのは分かるけど、中国大陸の急激に工業化された あやしいものが付着してるんじゃぁないの。

Img_5532

今年のスモモの花よ~そろそろお別れだね

風に吹かれて はらはらはら~

地面が花びらで白くなってました

工房のロフトの小窓から撮したよ

Img_5520

春は花便りが どうしても多くなる

自宅はマンションの箱、しかも西向き。植物は育たない、乱れた観葉植物が あるのみ、です。

田舎の実家に行くと、春の土のにおいがします。

この花はよく見る花だけど、名前は・・・・・・ナルコユリか??

Img_5557 は~い 次は椿

工房を建てる時、危うく抜かれそうになったけど、生き残った

けど、屋根で雨が当たらない、けれど こんなにいっぱい花を付けている・・・木が弱っているからだ、と母は言う。

けなげな、椿よのー

Img_5561

やれやれ やっと陶芸の写真だ

と言っても おもしろくもないなぁ~

むろ(ゆっくり乾かすため) 兼物入れの中。 長皿も大体乾いたようです。

Img_5564 今日の仕事(^^ゞ 明日はこれを削ってかっこよく仕上げます

午後、わりと近くの陶芸センター同期生(といっても若い)の男の子(といってもトシくっている)がダベリに来た。登り窯に火が入ったってサ。

5~6日ガスで300℃まであぶりをするんだって。すごいですね、300℃まで上げるのに、こんなに時間かけるんだーまたそのあとが大変だわ、バンバン割木くべるんだよ~私は、関係ないけど ま、がんばれや。

|

« 歳を重ねるということ | トップページ | 「床の間の備前焼」 »

コメント

ほんとすごいや~~300度まで5~6日!
私なんて1時間

投稿: なつめろ備前 | 2007年4月 3日 (火) 08時19分

なつめろ備前さん> そうね~すごいよーー
 窯焚きは備前焼では おおごと(岡山弁のニュアンスで) ですから

投稿: ふー | 2007年4月 4日 (水) 21時00分

白い花はスノーフレークというそうです。
ヒガンバナ科で別名スズランスイセンとも
  http://www.yasashi.info/su_00008.htm

投稿: 池○ | 2007年4月 4日 (水) 22時26分

池○さん> いつもありがとうございます

「スノーフレーク」って素敵な名前!
サイトも見てみました、そう、、よく増えるんです

投稿: ふー | 2007年4月 5日 (木) 22時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/163703/14498250

この記事へのトラックバック一覧です: 黄砂に吹かれて:

« 歳を重ねるということ | トップページ | 「床の間の備前焼」 »