« あんパンと備前焼 | トップページ | 宵待草 »

2006年10月24日 (火)

窯を焚いてきました

雨降りだと いやだな~と思いながらも 窯の火を付けた。 私の窯は灯油窯なので 灯油だけで 温度を上げている間は 1時間おきぐらいにチェックしながら 昇温していけば良いのだが。  

今まで 何度もいろんなトラブルがあったので もう、何があっても(?)オーケー(?) 後半、薪を入れたり 木炭を入れたり、、、妙な事をするからだ!と 言われてはいるんですけどね。

Img_4302

いつもは 夜にあかりの灯らない 我が工房

コオロギの大合唱です

雨も降らなくて、ほっ。

星の少ない 暗い夜です。

Img_4307

窯焚きグッズ

この革手袋は 本当に熱い時しか 私、はかないけど・・・

綿100%の軍手で 作業します

Img_4312

燃えてます!!!

燃えてます!!

1000℃を超えたころから これを始めるんです

Img_4321最初は パチパチ・・・良いにおいもするし・・ちょっと緊張もするのですが・・・・・・・

平素、正しい生活をしている私は 夜になっても 全く眠らない! ということが だんだんダルくなってくる。 時間の経つのが 妙に遅く感じられる・・・・・

Img_4326 ついに 耐えきれなくなって にわかアウトドア・・・キャンプ気分でカビ臭い寝袋を 窯の横に。

ヒマだとは言え 5分も続けて横になれないのです・・・ヒマだけど、忙しい 窯焚き。

夜空には いつのまにか 星が・・・オリオン座がかがやいていた(これしか分からない)

Img_4329_1 夜明けだ~!!

窯もやっとこさぁーーで終わった~

朝に弱い私は 日の出を見ることは まず、ない。 けど いつのまにか 夜は明けていた。 工房の横の道から 東に向いた風景。

|

« あんパンと備前焼 | トップページ | 宵待草 »

コメント

↑ドラマですね~~~

私は・・・
雨・雪・大好きです
大雨・大雪・大歓迎です
風・大風・いいですね~~~

住宅密集地で焼いているものですから
わずかな匂いと煙ではありますが 消してくれるから。

投稿: なつめろ備前 | 2006年10月25日 (水) 07時27分

ふーさん 備前さん おはよー(^0^)/

ふーさん徹夜の窯焚きお疲れさまでした
何時頃から焚き始めるのかしら
焼くって大変な作業なんですね

備前さんも頑張ってますね~(^^

投稿: モーリー | 2006年10月25日 (水) 10時04分

なつめろ備前さん そうですよね~
近所に あまり焚いていることを
気付かれたくないですね~
大荒れ天候の窯焚きですかぁ・・・タイヘンじゃーー

私のベストは曇りで無風が良い、、かな
闇夜に紛れて、薪を入れるんです


モーリーさんこんちは~(^0^)/
大変ってほどでも・・・
焚き始めるのも 家を暗いうちに出て
早朝から火を付けました~ 朝、雨降りで暗い気分でした。

私だって、起きる時は起きるんです(^^ゞ

投稿: ふー | 2006年10月25日 (水) 14時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/163703/12415277

この記事へのトラックバック一覧です: 窯を焚いてきました:

« あんパンと備前焼 | トップページ | 宵待草 »